Back to Home

Le Paradis - BBS


Welcome to
my homepage.
Please write your
message・・・
ここはLe Paradis - BBS
の過去ログです。

現在の掲示板は
Le Paradis - BBS
までどうぞ。

その他の過去ログは
Le Paradis - BBS -Old
までどうぞ。

Copyright
(c)2001 - 2011
Le Paradis.
All rights reserved.



725メンテナンスのお知らせ。 2002/07/03(Wed) 16:03
From KS@管理人
七月四日の昼過ぎから夕方にかけての時間帯で、ここ掲示板にメンテナンスがはいる模様です。運悪くそのときに来てくださった場合、入れなくなってしまいます。作業は一時間ぐらいで終了するそうなので、時間を置いてからまた訪問いただけると幸いです。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

726Re:メンテナンスのお知らせ。 (親記事を見る) 2002/07/07(Sun) 21:27
From Sheep
こんにちは。
えらーい、私もOTDを使用していますが、どうせ人の来ないダイビングサイトだからとお知らせしませんでした・・・。そういう姿勢がいけないのねっ!(^-^;

今日、仕事関係の試験を受けてきました。
先週は読書どころではありませんでしたが、今週は返却期日の迫った図書館本をクリアする予定です。今後もよろしくです。m(_ _)m
女性 会社員

727Re:メンテナンスのお知らせ。 (親記事を見る) 2002/07/08(Mon) 19:22
From KS@管理人
やあやあ、どもどもですっ。
「ど、どうせ誰も来んなっ」と思いつつも一応お知らせしてみましたっ。自分が急にメンテナンスにぶつかるとびびるタイプなもので。この前サイトが長時間ダウンしてたばかりですしっ。

……試験、ごくろうさまです。ダイビングの資格試験も受けるんですよね?? そういえばわたし、最近受けてないなあ、試験。ちょっと前、ずっと落ちていた英検準一級を突破して以来、気が抜けてずっと何も受けてませんっ。またTOEIC800点でもめざそうかいな、と思いつつぐたぐたすごしております。なんかやる気の出る本でもさがして自分に葉っぱをかけようかなあ……。

722凝ったページ 2002/07/03(Wed) 15:01
From kanjikan
になりましたね。きれいで素敵ですね、chouette!

ところで漱石の「こころ」ですが、これをゲイの話だとしたのは、とここで名前を失念して申し訳ない、「桃尻娘」を書いた作家、ウー、昔「止めてくれるなおっかさん」のポスタで有名になった人、がすでに指摘していたはずです。この人の漱石論には非常に感心した覚えがあります。

とこれは「アメリカのゲイの間では云々」というKSさんの文章を読んだもんですから、、、

724Re:凝ったページ (親記事を見る) 2002/07/03(Wed) 15:56
From KS@管理人
デザインをほめていただきありがとうございます。ADSLにして速度アップしたのをきっかけにフラッシュというものに目覚めまして、うれしがって作ってみました。

『桃尻娘』の作者は橋本治という人らしいです。……って、完全に守備範囲外なわけですが。そうすると結構その読みは「あり」なんですねっ。

そう言えば昔、『虞美人草』を妹の兄に対する恋愛というふうに解釈していたテレビ・ドラマを見たことあります。たしか小手川裕子が出ていまして。こうしてみると夏目漱石って、なかなか深いですねっ。

721化学物質過敏症 2002/07/02(Tue) 22:06
From Sheep
こんにちは。
日記を拝見しました。大変でしたね。今は症状も治まったようで、安心しました。でも、お大事にね。

私は化学物質過敏症ではありませんが、体はあまり丈夫ではありません。後天的な背骨の奇形もあります。まぁ、奇形といっても見た目には全く解らないんですけどね。わたしゃ、母親が無神経に味○素なんつー化学調味料を大量に消費していたことに原因があるのではないかと思っています。家族は今でも食品添加物に無関心なところがありますが、私は神経質ですね。手作りパンや手作りお菓子の理由は、実はこんなところにあったりして。(笑)
女性 会社員

723Re:化学物質過敏症 (親記事を見る) 2002/07/03(Wed) 15:39
From KS@管理人
おー、Sheepさん、ご心配いただきありがとうですっ。
まだちょっと顔はかゆいんですが、とりあえず赤みはほぼひいたので、もう本人にしかわからないかんじになりました。先週、皮がぼろぼろと取れてきたときには半泣きでしたが……。「東大寺のすべて展」に行ったときはほんとにひどくて、帰りに最寄駅のエレベーター内の鏡を見たら、顔がまばらに赤い人になってしまっていて、衝撃を受けました。治ってきて本当によかった……。

わたしも肋骨がおかしいですよっ。なんか、一番上が左右とも下がっているようです。あと、口の中の上あごの骨も二十代半ばに突起してきまして、びっくして医者に行きましたが、「よくいますよ〜。わたしもそうですよ〜」とか言われておしまいっ。あと、友達にも足の指の骨に異常があるって人がいたなあ……。骨に異常のある人って意外といますよっ。

ちなみにわたしの場合、妊娠中に母親が流産防止薬を処方されたんですが、これが後に禁止になった女性ホルモンの薬だったのかもしれないので(そういう薬の話が『奪われし未来』に出てきます)、体弱くても骨に異常があってもなんら不思議ではないです。でもわたしは身体は弱くないのですよ。血液検査とかすると、ほとんどの検査値が正常値のそのまたど真ん中で、貧血気味なのとコレステロールが高めなのを除けばとても健康なのですっ。う〜ん、化学物質さえなければ……。

717ハーレクイン 2002/06/29(Sat) 18:33
From kanjikan
・・・って何ですか?

718Re:ハーレクイン (親記事を見る) 2002/06/30(Sun) 13:42
From KS@管理人
ハーレクインとは、女性向のロマンス小説専門の出版社であり、そこから出されている小説の総称ですっ。説明はこちら。↓
http://www.harlequin.co.jp/company.php
英語で出版翻訳家を目指すと、最初はここの仕事になることが多いです。出版している量がものすごく多いからだと思います。フランスでも出ている……のかなあ??

719Re:ハーレクイン (親記事を見る) 2002/07/01(Mon) 04:59
From kanjikan
フランスには確かArlequinというのがあったような、、、

720Re:ハーレクイン (親記事を見る) 2002/07/01(Mon) 18:03
From KS@管理人
その調子だと、フランスにはあってもあまりメジャーじゃないんですねっ。
日本の本屋さんにはたくさん置いてありますよ〜。専用ラックみたいなのに常時二、三十種類老いてあったりします。かなり田舎の小さい本屋さんでもあったりします(うちの近所でも置いてるなあ)。話はどれも似たようなものらしいんですが、はまる人ははまるらしいです。儲かってるものと思われます。

712御無沙汰 2002/06/26(Wed) 07:28
From フジキセキ
久しぶりにサイト更新しました。KSさんは如何ですか?
珍しく最近はミステリーを読みます、というのも10年以上読んでなくて古典的傑作を折角評論があるから
数冊くらい読もうとしたらこれが面白かった>「死者たちの礼拝」コリンデクスター
たまには前衛小説以外を読むのも良いと思いました。

714Re:御無沙汰 (親記事を見る) 2002/06/26(Wed) 17:33
From KS@管理人
おお、やっぱり更新しましたねっ。
うちは相変わらず更新がのろいです。困ったもんです。はい。そしてのろいのに運慶のサイトを独立させたりするもんだから、ますます混乱してます。
で、わたしはエンタテインメント系の作品は、数年前まで翻訳学校のエンタテインメントのクラスにいて、強制的に翻訳させられていた(?)ので、いまはおなかいっぱい〜って感じなのでした。コリン・デクスター……モース警部の原作者ですよね? 友達がミステリーの書評のページやっていて、取り上げてますけども。↓
http://easter.ne.jp/greenleaf/sherwood/index.html
よろしければどうぞ。

710ハムスン 2002/06/24(Mon) 20:31
From W-E
こんにちは。最近ばたばたしてました(これからずっとそうなるといいんですが)。
「Le Parti pris des lettres」のBBS見にいきました。コアですね。最高です。ギベールよりサドの方が心理的に買いやすい、という話題が妙に心に残った感じです。買いにくい作家・・うーん、だれかいるかなぁ。。だれかいますか?

ハムスンはポール・オースターにはまってたときにリンクし、図書館で借りて読みました。以前に文庫化されてるんで古本屋でいつか巡り会えたらなぁと思ってます。この作家の名前はもう聞かないんだろうなぁ・・と思っていたらギベールが言及していてけっこう驚いたのでした。どんどん孤独化していく話をよく書くオースターがハムスンを好むってのはまんまなんで(笑)いいんですが、ギベール:ハムスンのリンクの仕方はもう少し詳しく知りたいところです。
男性 AB型

711犬たち (親記事を見る) 2002/06/24(Mon) 20:43
From W-E
そうそう、あと最近ずっと気になってるのは、「犬たち」で描かれるように同一人物相手でSとMが入れ替わるっていう役割交換って現実的な世界なのか想像的な世界なのかってことです。フーコーが「犬たち」に関心を示さなかったのってこのことと関係ないのかぁ・・と激しく妄想中なのでした。
男性 AB型

713Re:ハムスン&犬たち (親記事を見る) 2002/06/26(Wed) 17:12
From KS@管理人
買いにくい作家はいないっすね。だってギベールを置いている書店でも、わかっているのはどうせ担当者一人だけだから、レジのバイトの人はどんな本なのか知らないでしょう。あ、でもサドはバイトの人でも知ってるかなあ。実はわたし、サドって持ってないんですけど……そういや堂々と長時間立ち読みしたことがあるなっ。ってことは気になってませんね。
むしろ見ていて内心冷や汗になるのはハーレクインとか……友達が翻訳者に何人かいるので、「元気でやってるかな〜」ってときどき売り場でチェックするんすが、なんか周囲の目が気になる……。んで、「ハーレクインが好きで見ているわけではない〜」とかって言い訳したくなりますっ。

ハムスン、関連作家リストを作るときに引用個所をチェックしたんですが、いまのところ「どの本のどこが好き」みたいな具体的な記述を発見できていません。どなたか情報提供していただけるとうれしいです。はい。で、リストにも書きましたが、わたしは未読なのでした。図書館……読むの遅いから図書館で借りるのは辛いなあ……。ハムスン、ポール・オースターに出てきましたっけ?? オースターも誰か関連作家まとめてくれないかなあ。

フーコーと『犬たち』についてはギベールがインタビューの中で「きっと彼にとってこの本は、彼自身のサドマゾ的能力よりも劣るものと思えたのでしょう」と言っとります。つまり、刺激が足りなかった?? ちなみに「あたりまえのことを破壊する」のが生涯の目的だったフーコーが、「SとMが入れ替わるっていう役割交換」に否定的、ということはないんじゃないかとわたしは思います。わたし的にはどの役割も、みんなどんどん交換されちゃえばいいと思いますねっ。「わたし作る人、あなた食べる人」「わたしかせぐ人、あなた使う人」なんてことをうじうじと愚痴りながらやっている生活なんてうんざりです。はい。
でも『犬たち』自身は想像的だと思いますよ。ああいうことがギベールの身に実際にあった、という小説ではないような気がします。妄想っぽい……。

715Re:ハムスン&犬たち (親記事を見る) 2002/06/28(Fri) 14:56
From W-E
「○○が好きで見ているわけではない〜」って気持ちはすごく分かります。たぶん以前よりは落ち着いたんですが、それでも、たまにありますね。「人間だもの」の作者を、固定観念を捨てて冷静に分析しておこうと思い、立ち読みしたときとか(汗)

> いまのところ「どの本のどこが好き」みたいな具体的な記述

それってギベールに関してですよね。オースターは確か「飢え」についてインタビューでしゃべってました。ファンサイトを深くする方法に、関連作家を列挙していくというやり方があったんだと改めて思いました。ファンサイトではぼくは阿部和重がメインなんですが、関連作家、考えなかったわけではないんですが、本気でちょっとアップしていこうかなと思います。いや、勉強になります、。

> 彼自身のサドマゾ的能力よりも劣るものと思えたのでしょう」と言っとります。

そうなんですね。なるほど。妄想というか、あえてこだわってみたいんですが、SMにおいての役割交換のリアリティ の点で考えてみたいなと思ったりしました。どういう状況・関係etc.なら現実的に可能なのか、みたいな。なんにしてもいずれフーコー読まなきゃ。。でも「犬たち」は妄想っぽいところがいいなと思います。好きです。
男性 AB型

716Re:ハムスン&犬たち (親記事を見る) 2002/06/28(Fri) 18:54
From KS@管理人
ポール・オースター、『空腹の技法』でもハムスンについて語っているみたいです(まだ読んでません)。やっぱり『飢え』についてですね。『飢え』ぐらい日本でも新刊で入手可にしといてほしいなあ……。

で、ギベールは『The Gangsters』で『On Overgrown Paths』という本について語っていることが判明しました。またまた「Le Parti pris des lettres」の松本さんに教えてもらいましたっ。……わたしも読んだんですけどね、この本。みごとに見落としてました……。しかしこの本は日本語になっていない模様です。ざっと調べたところネット上ではそれらしい本が検索できませんでした。ハムスン、英語ができればアマゾンで簡単に手に入りますけどね。うむむ。

関連作家リスト、近々にバタイユと漱石とチェーホフを追加しよう、と思いつつ遅々としてはかどらないわたしでした。ははは。(←ひたすら笑ってごまかす)

Back to Home
L [PR] AEx XLAbv@AoCg ^T[o[