Back to Home

Le Paradis - BBS


Welcome to
my homepage.
Please write your
message・・・
ここはLe Paradis - BBS
の過去ログです。

現在の掲示板は
Le Paradis - BBS
までどうぞ。

その他の過去ログは
Le Paradis - BBS -Old
までどうぞ。

Copyright
(c)2001 - 2011
Le Paradis.
All rights reserved.



756以前の表紙/裏表紙 2002/08/04(Sun) 00:23
From フジキセキ
本には表紙と裏があるのにホームページにはないのがおかしいということで裏も作成しました。
1人1作代表作というこでご覧下さい!

758Re:以前の表紙/裏表紙 (親記事を見る) 2002/08/04(Sun) 17:54
From KS@管理人
裏表紙ですかっ。そういえばネット上に裏表紙ないですねっ。Webサイトってなんか増殖途中って感じなんで、常に未完成というか。だから裏表紙の作りようがない。あとがきもないですね。
そうそう、北斎は好きです。あの波の絵の刺繍が内側に入っているGジャン持ってます。
……って、意味不明ですがっ。(^^ゞ

759Re:はじめに/後書き (親記事を見る) 2002/08/04(Sun) 20:14
From フジキセキ
> 裏表紙ですかっ。そういえばネット上に裏表紙ないですねっ。Webサイトってなんか増殖途中って感じなんで、常に未完成というか。だから裏表紙の作りようがない。
テキストは増え続ける、僕はインターネットを始めすぐに「砂の本」「バビロニアの図書館」を想起しました。
あとがきもないですね。
僕のサイトはいきなり「はじめに/後書き」ですからね、小説もノンフィクションもまずここを読みます。
「序文付き序文集」をボルヘスは出したから「後書き付き後書き集」を誰か出して欲しい。
> そうそう、北斎は好きです。あの波の絵の刺繍が内側に入っているGジャン持ってます。
> ……って、意味不明ですがっ。(^^ゞ
あれ以上やるとしつこいからあれでおしまいですが世界中の名画のほんのひとかけらですから。
これらの画家の図版を観ていくだけでも大変!やはり関西へ好きな画家の展示会があれば都合の良い日は
なるべく行くようにします。

760Re:はじめに/後書き (親記事を見る) 2002/08/05(Mon) 18:37
From KS@管理人
おお、そう言えば最初にあとがきありましたね。
美術館、博物館、展覧会はわたしもかなり好きです。でもわたしは実物見ないと理解できない人なので、少しずつしか分野を広げられません。図録見ただけでわかるといいんですが。

755私も入れた(笑) 2002/08/03(Sat) 18:59
From あきこママ
久々に(何ケ月ぶりか?)に私もこちらの掲示板、入れました(><)
あんなに長い間、入れなかったのに〜っ。
…今までは締め出しを食っていたのでしょうか?(笑)
(それでも、クッキーが残ってくれていたことは何だか嬉しかったりして★)

先日のメールでは、大してお役に立てずに、ごめんね ((^^;;
HP関係のことなら分かるけど、ソフト関係は訊かないで〜(><)という感じです。
(便乗して使っている身なので)

フランス文学やフランスについては何も語れませんが
また、ちょこちょこと遊びに来ますね★

日記のほうも、だだだーっと読ませて頂きましたvvv
谷崎を読まずして、本が語れるか?
…語れるんじゃないでしょうか?(笑)
何を読むか、じゃなくて、どう読むかが大事だと思ったりして。
「これは押さえておかないと」的な読書というのは、
読んで楽しい読書ではないから
結局、現代国語の教科書読みになっちゃう気が。

…などと、ちらっと思ったのでした。
掲示板の書き込みというのも、問題になっていましたが
HP管理人になると、
もう、世の中には、いろんな人がいるもんだよ、という
達観した見方を学びますね★   
私も、いろいろと手を広げている分、いろんな話を聞いたりしてるもので。
知り合いの知り合いには脅迫メールが日に何十通も来て、
弁護士に訴える寸前まで入ったこともあったのですよ〜(;;)
でも、そんなコワイ話を聞いても、やっぱり、HP運営というのは
楽しみが多いので、やめられないんですよね★
いろんなことが、これからもあると思うけど、ガンバです(><)

757Re:私も入れた(笑) (親記事を見る) 2002/08/04(Sun) 17:50
From KS@管理人
どうもどうもですっ。
いやあ、さりげに問い合わせ出したのがきいて、おっとりがたなでネスケ4.7に対応してくれたのかもしれません。まあ、それまでは見れてたんだしねえ。(だいたい広告が原因で掲示板に入れない、なんて本末転倒だしなあ……)
てなわけで、「運慶」のほうの掲示板もデザインかなりかわいいんで見てやってくらはい。(って、OTDが用意したデザインそのままなんだけども)カキコもできるはずです。美術・旅行の話題は洋の東西を問わずOKですっ。京都・奈良観光の話題とかっ。

しかし、「便乗して使ってる」なんてうらまやしいですなあ。わたしは現在RWIN値をどのぐらいの値にしたらこの環境に最適なのか悩んでまする。はあっ。

谷崎の件はね……わたしは基本的には、たとえばギベールが谷崎の影響を受けているのであれば、ギベールのほうを読んでいれば必ずしも谷崎は読まなくていいかなって思ってる人なんですよね。後発の人は先人のいいところを踏まえて書いているんだろうから、後発の人のを読んどけば先人の作品は読まなくていいだろう。でないと読まなきゃいけない文献がとんでもなく多くなってしまうから……という言い訳で。
んが、あほなわたしはとっても教養の深い人でないとできない「ギベール関連作家リスト」なんていう分不相応な企画を考えちゃったんで、いまあせっているのでした。とほほ。
まあ、いま体調悪くて一切頭使うことできないので、当面はその問題は放置しておこう、と思っています。(いい加減なやつ……)

しかし、ネットの世界はこじれるといろいろあるんですにゃ〜。まあ、証拠だけは保存してます。裁判に備えて……なんちって。

753入れた!(ToT) 2002/07/31(Wed) 01:29
From Sheep
こんにちは。
エルヴェ・ギベールとその関連作家について語ってくれると一番うれしいです・・・と言われているのに何時も下らない会話で申し訳ない。昨日、どんなに頑張ってもこのサイト、運慶サイトともに入れなかったので、何かお気に障ることでも!?とびびってました。入れてよかったよぉ〜。(ToT)
女性 会社員

754Re:入れた!(ToT) (親記事を見る) 2002/07/31(Wed) 18:14
From KS@管理人
どうもどうもですっ。
いやあ、なんかSheepさんのプロバイダーといるかウェブとちょっち相性悪いようですね〜。なんかプロバイダーごとに相性にやや差があるみたいでして……。前に完全ダウンしたときもSheepさんはなかなか入れてないみたいだったし。てなわけで、入れないときはひたすらサーバーダウンです。う〜ん、サーバーお引越しまではトラブル・フリーだったのになあ……。他にもときどき入れないって人がいるんでしょうか。悩むなあ。

あと、注意書きは気にしないで下さいねっ。初めて来た見知らぬ人用の注意書きなんで。お友達歓迎、雑談歓迎ですっ。

あと、メールの返事遅れてごめんね。なんか、ネスケ4.7を使っている友達にメールして訊こうかな、と思っているうちに日々が矢のように飛んでいきまして、申し訳ないです。
m(__)m

751URL変更の件 2002/07/29(Mon) 21:33
From NONNONオヤジ
こんばんは。
リンクして頂いたばかりなのに恐縮ですが、SO−NETのサービス変更に伴ない、URLも変更になりました。

  http://www003.upp.so-net.ne.jp/cafenonnon/index.htm
です。リンク・ブックマークの変更、よろしくお願い致します。
男性

752Re:URL変更の件 (親記事を見る) 2002/07/30(Tue) 12:43
From KS@管理人
了解しました。
早速変更しておきましたよっ。これからもよろしくお願いします。

748ありがとうございます 2002/07/26(Fri) 20:50
From R
 はじめまして。本格ミステリサイト「Fontes Aquarum」のRと申します。Sheepさんのところでお名前を拝見していました。

 先日は、拙サイトで企画中のカレーレシピ集企画に、豆腐入りほうれん草カレーの情報をお寄せいただきありがとうございます。現在レシピ集ページは鋭意作成中ですので、完成した暁にはまた報告にうかがいます。

 なお、レシピ集完成の際には、情報提供者としてKIMIRAさんのお名前と、こちらのサイトへのリンクを貼らせていただきたいと思いますので、何とぞよろしくお願いします。

749追伸 (親記事を見る) 2002/07/27(Sat) 19:41
From R
早速先ほどアップさせていただきました。
URLはこちらです。

http://www17.u-page.so-net.ne.jp/fb4/r-sato/recipecarry.htm


750Re:追伸 (親記事を見る) 2002/07/28(Sun) 15:10
From KS@管理人
いらっしゃいませ。わたしもRさんのことはいつもSheepさんの掲示板で拝見しております。今後ともよろしくお願いいたします。

カレーのページ、早速うかがわせていただきましたっ。採用していただいてどうもですっ。なんだか中途半端な説明の上に長文で失礼いたしましたっ。でもみなさんいろいろなカレーを食べているんですね〜。
日本人はカレーが大好きなんだなあ、と思いました。
第二弾もたのしみにしてますねっ。

745ギベール関連・日本の作家 2002/07/21(Sun) 22:43
From 松本
鴎外ですが、ギベールはL'Autre Journalに
"Vita sexualis, 1910-1930"という記事を書いています。
1895年生まれの匿名女性からの聞き書き。
写真が何枚か載っています、きれいな人ですよ〜。

谷崎の『鍵』は夫婦が日記をお互い盗み読みする話でした。
・・・ちょっと自信がないので今検索して確認。『召使と私』を読んだ時、あれっと思いました。
男性 自営業

747Re:ギベール関連・日本の作家 (親記事を見る) 2002/07/22(Mon) 17:05
From KS@管理人
おお、松本さんいらっしゃいませ。こちらではお久しぶりですっ。情報提供ありがとうございます。

そっか、ギベールは鴎外も読んでいるんですね〜。わたしなんて高校の教科書で読んだ「高瀬舟」と「舞姫」しか読んだことないのにっ(いまなら青空文庫で読めるんですが)。
ちなみに現在Amazon.frで扱っている鴎外の本はこれ一冊↓ですね。(どうしてこれなんだろう??)
http://www.amazon.fr/exec/obidos/ASIN/2070714780/qid=1027322043/sr=1-1/ref=sr_1_16_1/171-6576917-7225867

で、谷崎は教科書に載ってないので、出会わないまま今日にいたってしまいました。(滝汗)
谷崎のヨーロッパでの評価が高いのは知ってるんですけども……。Amazon.frで検索すると十七冊も出てきたんで、ほんとだ、読まれてるんだ、と思いました。
ギベール関連作家リストはどこまで載せるかの判断がよくわからなくて、どうしようかな、と思っています。でも谷崎は間違いなく掲載しなきゃならない作家でしょうね。

ついでに井上靖も検索したら25冊も出てきてびっくり。こ、これは一体、どれを読んだのやら……。ちなみにわたしの頭の中の井上靖のイメージは、かつて加藤剛主演でドラマ化された『蒼き狼』だけです。(本読まずにテレビしか見てないなっ、わたし。しかも子どものころに見たのでどんなドラマだったかほとんど覚えていない……)

こうしてみると、ひょっとして日本語で読めるフランス文学よりフランス語で読める日本文学のほうが多いのかなっと思ってきました。もしそうだとしたら、日本人がフランス人よりいい小説を書ける確率はどうしたって下がりますね。どえらいハンディ戦です。う〜む。

742バッテリーが…… 2002/07/21(Sun) 13:53
From NONNONオヤジ
KAMIRAさん、こちらでは初めまして、ですね。うちの掲示板への書き込みありがとうございました。

早速ですが、ノートパソコンのバッテリーの件。うちのもダメになりました。1度修理に出しましたが、1週間以上もかかり、3万円も取られたあげく、返ってきてすぐに、100%充電が完了しないうちにまたぶっ壊れてしまいました!3万円、返せ!と言いたいくらいです。だから家の中で使うだけなら修理しなくてもいいんじゃないでしょうか?お金の無駄、という気がします。それだけ伝えたくて書き込みしました。
男性

743Re:バッテリーが…… (親記事を見る) 2002/07/21(Sun) 14:55
From KS@管理人
NONNONさんいらっしゃいませ。こちらでははじめまして。

で、バッテリーの件ですが……三万円ですか? わたしが検索したところでは、バッテリー、新品にかえても一万二千円とかそれぐらいって聞いてたんですけど……。どうしてそんなにかかるんでしょう? あと、修理って修理の保証が三ヶ月ぐらいあるんで、直ってないときは再び直してくれるはずなんですが……。

でも一万円にしろ、三万円にしろ、ノートパソコンのバッテリーってなくても使えるから、もったいない気がしますよねえ? うちは二年半ぐらいでアウトになったんですが、そんなもんで平均的なんでしょうか? だとしたら他の人はどうしてるのでしょう? あまりバッテリーがなくなった話って聞かないんで、なんだか不思議です。やっぱりなくても使えるので、みんななくなったらそのまま放置してるんでしょうか??

744Re:バッテリーが…… (親記事を見る) 2002/07/21(Sun) 19:52
From NONNONオヤジ
すみません、説明が不十分でした。バッテリーそのものが壊れたわけではなくて、本体が、バッテリーを装着していることを認識しなくなってしまっていたんです。だから『バッテリーを充電せよ!』と言う命令がなされてなかった……。だから、本体の方を修理するのに3万円かかったわけなんです。KAMIRAさんのパソコンはどちらなんでしょう?バッテリーを取り替えるだけならもっと安いかもしれません。それに、バッテリーそのものも修理するより新しいものを買うほうが安いかもしれませんよ。
男性

746Re:バッテリーが…… (親記事を見る) 2002/07/22(Mon) 12:14
From KS@管理人
おお、それは本体の故障なんですねっ。うちは本体は故障してないと思います。ちょっと前にバッテリーだけで使おうとしたらあっという間に電力不足になってしまい、おかしいなと思っていたら今度は充電0パーセントになってしまい、充電しつづけてるようになったので、バッテリーが充電を受け付けなくなったんだと思います。しかし、世界中でこのバッテリーが二年半で使用不能になり、それが捨てられているんだとしたらなんだか無駄っぽいですよね。電気屋さんに持っていったら中身の消耗部品だけ交換してくれる、というふうにはなっていないのでしょうか。メーカーのHP見てもバッテリーについては一言も書いてないようで、なんだか納得できないわたしでした。
とにかく情報ありがとうございました。m(__)m

Back to Home
L [PR] AEx XLAbv@AoCg ^T[o[