HG−08

 

『サイトメガロウイルス』 エルヴェ・ギベール

黒木實・訳、松籟社、1,500円

 

L−012

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『楽園』を執筆するためのボラボラ島への旅から戻ったHGは、サイトメガロウイルスに感染していることが判明し、パリ郊外の病院に入院することになる。

消毒されていない病室、頼んだものを用意してくれない看護婦、隣室のうめき声、失明の危機にさらされた片目。

つい二週間前まではボラボラ島の青い海の上をヘリコプターで飛んでいたというのに……。

 

「病院、それは地獄だ」

 

 

これはHGの最後の作品、入院日記である。

 

書かれていることの大半は病院でさらされる拷問のような仕打ち、病状が進行することへの不安、死の恐怖……で占められている。

けれどHGの他の作品と同様に、その視線はどこか他人のことのように冷めている。

 

HGは書くことでこの冷めた視線を獲得し、そのことで何とか自分を支えていたのかもしれない。

 

 

時計を見ることも困難になった中、それでもHGは日記を書き、本を読む。

 

「この生涯、十分本を読んだかな、十分書いただろうか?」

 

一年に二冊のハイペースで書きつづけたHGの中に、次の小説の構想はあったのだろうか? それともなかったのだろうか? 少なくともこの日記の中には見当たらない。

 

 

「僕はこの入院日記が有益になるのか有害になるのか分からない。有益な作家は幾人かいると思う。ハムスン、ワルサー、ハントケ、逆説的だがベルンハルトも文才を活かしきる点でこちら、一方有害なのは、もちろんサド、ドストエフスキーも? 今の僕としては前者のカテゴリーに属したい」

 

失明の危機にさらされながら書かれたこの日記は、はたして有益なのだろうか?

そもそも有益な作家とは、なんだろう?

 

 

「僕たちの間には青春の日々があり、失い、エロティスムがあったが、それも失せてしまった。残ったのは、かつてなかったほどの大きな愛だ」

 

最愛のひと、Tに向けられたこの言葉は、HGが最後にたどり着いた場所を示しているような気がする。

そこは、そんなに悪いところじゃない。

 

 

「退院する。HADイコール自宅療養。断固断るべきはラレオス(看護婦が使う省略語で再入院)」

 

怖いのは病ではなく……病院のほうかもしれない。

 

 

 

April 19, 2001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この本をAmazon.co.jp で買う

この本の英訳をAmazon.co.jp で買う

Back Numbersに戻る

エルヴェ・ギベール著作リストに戻る

Homeに戻る

Copyright (c) 2001 Le Paradis. All rights reserved.

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー